資金繰りを管理するために

お金

仕入れや販売の決済に約束手形を用いる企業は数多くあります。約束手形とは、一定の期日に支払いをするという約束をする証明書のことをいいます。資金の状況に応じて支払いを先延ばしできる手段として使われています。約束手形はお金を回収できる債券であると考えられます。企業の運転資金を集める方法として、保有している約束手形を期日前に銀行に売却する手形割引をあげることができます。約束手形を受け取ると、販売をしたときの現金決済が先送りされます。現金が口座に振り込まれる前に仕入れ先への支払期限があると、資金が足りなくなってしまう状況が生じる可能性があります。そのようなときには、保有している約束手形を銀行などの金融機関に買い取ってもらうことで資金を確保することができるようになります。手形割引をすると、手数料を差し引かれた金額を銀行などの金融機関から受け取ります。その手数料は、約束手形を買い取った銀行などの金融機関の収益になります。

手形割引は、企業の資金繰りをコントロールできるというメリットがあります。仕入れ先や金融機関への支払いは、きちっと期限を守らなければ信用問題に関わります。企業の運営は取引者どうしの信頼によって成り立っているので、信用がなくなると企業運営を続けていくことはできません。支払日までに現金の工面が難しい場面で手形割引を行なうことができることは大きなメリットであると考えることができます。また、手形割引による融資は返済の必要がないことも特徴の一つです。